ひなこひなこ

今日はバストが小さいことがコンプレックスな友達のお話〜。

私は元々バストが小さく、そのことにコンプレックスを持っていた。

彼にバストが小さい事をからかわれ、その時に女としてのプライドを傷つけられた。

彼としてはただの冗談だったようだけど、私にはとてもつらい仕打ちだった。

女として自信を持ちたい。

小さいバストをごまかしたり隠したりするのではなく、大きいバストを手に入れて、堂々と過ごしたい…そう思った事がバストアップをするきっかけだった。

バストアップについて何も知らなかった私は、とりあえずバストアップについて学ぶ事にした。

バストがどのような構造になっていて、バストはどうすると膨らむか、基本的な事から学んだ。

バストは脂肪の塊で動きやすいため、ブラで固定してあげる事が必要な事や、そのために自分の身体に合った下着を選ぶ事の重要さについて知った。

今までの私はバストをすごくぞんざいに扱っていたのだということがわかり、反省した。

小さなバストを隠すように猫背になり、その猫背のせいでバストがつきにくくなるといったような悪循環を自ら繰り返していた事も知った。

猫背だとバストを巻き込んでしまい、バストに脂肪がつくことを抑制してしまうそうだ。

私はとても姿勢が悪く、まずは姿勢を正す事から始めることにした。

また、バストアップの教材についてはいくつか出回っているものがあるようなので、どれか1つを選んで、それを実践してみようと考えていた。

お金を出して教材を買うのだから、元を取ろうと必死になってバストアップに取り組むことが出来るからだ。